脳動静脈奇形は早期発見が難しい病気とも言われていますが、やはり早く見つけることができれば、脳出血やくも膜下出血などのリスクを低くすることができます。では、一体どうすれば早く見つけることができるのでしょうか?

普段から検診をしっかりと受けるようにする

脳動静脈奇形を早期発見する1番の方法は、やはり普段からしっかりと検診を受けることでしょう。大多数の人は症状が出てから初めて精密検査を受けて、それで気づくというケースが非常に多いのです。しかし、それではすでに遅いわけですから、その前に発見するには発症前に検査を受けることが必要なのです。それによって脳に何らかの異常が見つかり、早期発見に繋がるかもしれないわけです。

特に、この病気は若い人の発症率も多いですから、20代の人でも検査はちゃんと受けるようにしましょう。若いからといって油断をしてしまうと、ある日突然大きな病気が襲ってくるかもしれないのです。そういった危険を防ぐためにも、最低でも年に1回は検査を受けるのが望ましいのです。

ただの頭痛であってきも決して侮ってはいけない

また、脳動静脈奇形の初期症状として、頭痛を発症することが多いです。したがって、この段階で検査を受ければ早期発見に繋がるのですが、やはり多くの人は疲れや飲み過ぎや風邪などと思ってしまうわけです。それによって発見が遅れてしまうことも多いですから、ただの頭痛であっても決して侮らないようにしましょう。

頭痛以外でも、てんかん発作や認知症を伴うケースもありますから、そういった症状が見られる場合でも、やはり検査を受けるべきだと言えます。いずれにしても、何かしら脳に関する異常や症状が出たのであれば、躊躇わずに専門医に相談するべきなのです。

家族にも検査を受けることを勧めたいところ

脳動静脈奇形は誰にでもなりうる病気ですから、自分だけでなく家族にも検査を受けることを勧めたいところです。特に、血縁者で過去に発症した人がいるのであれば、より一層注意をしなければいけないのです。発見が遅れてしまうと、自分や家族にとっても大きな不幸をもたらしかねませんから。

逆に言えば、家族でしっかりとこの病気に向き合うことによって、色々なリスクや危険を最小限に抑えることができるのです。早期発見できれば、十分に対策できる病気でもあるので、そこまで過剰に心配をしなくてもいいのです。